“紫繍毬”の読み方と例文
読み方割合
ししうきう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水晶花(卯の花)紫繍毬(あぢさゐ)蘭草花開たり。細辛(加茂葵)杜衡(ひきのひたひ草)多して上品なり。就中夏枯草(うつぼ草、全く漢種のごとし)萱草(わすれ草、深黄色甚多し)最多し。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)