“紫摩金”の読み方と例文
読み方割合
しまごん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その半死の瞳の中には、紫摩金の円光にとりまかれた儘、※然と彼にほほ笑みかけた侍従の姿を浮べながら。……
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
紫摩金を盡して、り飾るも
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
紫摩金を尽して、り飾るも
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)