“紛紛”の読み方と例文
読み方割合
ふんぷん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕陽の中を蜻蛉が二つ三つ飛んでいた。石磴をあがり詰めると檜の紛紛する小社があった。勘作はその前に往って頭をさげて拝んだ。
ある神主の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)