“紙仕立”の読み方と例文
読み方割合
かみじたて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三尺の壁床に客の書いたものが余り宜い手では無く、春風春水一時来と書いてあり、紙仕立の表装で一掛けてありますが、余り感心致しません。
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)