“紅葉菴”の読み方と例文
読み方割合
もみじあん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さらに後世風流な隠居・坊さんなどが隠居して茶でも立ててむようになると、とうとう村の者にも意味の分らぬ紅葉菴だの寒月渓などという名が附かぬとも限らぬ。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)