“紅燭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうしょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅燭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
其時上手かみての室に、忍びやかにはしても、男の感には触れるきぬずれ足音がして、いや、それよりも紅燭こうしょくの光がさっと射して来て、前の女とおぼしいのが銀の燭台を手にして出て来たのにつづいて、留木のかおりせるばかりの美服の美女が現われて来た。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)