“紀姫”の読み方と例文
読み方割合
つなひめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その子宇平太は始め越中守重賢の給仕を勤め、後に中務大輔治年近習になって、擬作高百五十石を給わった。次いで物頭列にせられて紀姫附になった。文化二年に致仕した。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)