“紀伊大納言殿”の読み方と例文
読み方割合
きいだいなごんどの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
徳太郎君聞給ひ先夜も申聞すごとく予は紀伊大納言殿の三男徳太郎信房だぞ無禮致すな提灯は目に見えぬか慮外せばさぬぞとまふ大岡大音あげ紀伊家の若君が御辨へなく殺生禁斷の場所へ
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)