“糸筥”の読み方と例文
読み方割合
いとばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「……ふ、ふん」と鼻の小皺で笑ったものである。「チビなぞ、相手にしないよ」という無言の返辞であろう。いつもの糸筥床几に持ち出し、さも実直そうに手内職などしはじめる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)