“米杉”の読み方と例文
読み方割合
べいすぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木山の納屋には、米杉の角材や板や、内地ものの細かいものが少しあるだけだつたが、方々駈けまはつて入用だけのものを取そろへ、今度こそはけする積りで
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)