“米擣”の読み方と例文
読み方割合
こめつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
門番で米擣をしていた爺いが己をぶって、お袋が系図だとか何だとかいうようなものを風炉敷に包んだのを持って、逃げ出した。落人というのだな。
里芋の芽と不動の目 (新字新仮名) / 森鴎外(著)