“簇開”の読み方と例文
読み方割合
ぞくかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道端には淡紅の花を簇開する小灌木「しもつけ」がまだ咲残り、帯紫色の鐘状花蛍袋や、がちょいちょいその間にる。「がくうつぎ」が白い花をつけて灌木の間をる。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)