“篠張”の読み方と例文
読み方割合
しのはり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のみならず、矢竹の墨が、ほたほたと太く、の毛を羽にはいだような形を見ると、古俳諧にいわゆる——狸を篠張の弓である。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たぬきをおどす篠張の弓 史邦
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
たぬきをおどす篠張の弓
映画時代 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)