“築塀”の読み方と例文
読み方割合
ついべい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その壁が大きな長屋の建物の切阿と出会ってる角の所には、下の方に三角形の大きな築塀がついていた。
靴と靴足袋とをぬいで壁の向こうに投げ込み、築塀の上にのぼり、そして壁と切阿との角をよじのぼりはじめたが、あたかもとを梯子にかけてるかと思われるほど確実自在なものだった。