“竜騰虎闘”の読み方と例文
読み方割合
りゅうとうことう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竜騰虎闘の壮観があるだろうと予期した交渉はかくのごとく散文的なる談判をもって無事に迅速に結了した。主人のんなるはただ意気込みだけである。いざとなると、いつでもこれでおしまいだ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)