“直走”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひたはし33.3%
ひたばし33.3%
ひたばせ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“直走”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「さてこそ」と運八は思いながら、二間あまりの間隔を取りこれも負けずに直走ひたはしる。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と葉之助は声をかけた。猛獣の群が追っかけた。葉之助は直走ひたはしった。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
直走ひたばしりするくつの音。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
かきのせて直走ひたばせ
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)