“目合”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まぐはひ33.3%
マグアイ33.3%
マグワイ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“目合”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 神話・神話学100.0%
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ここに豐玉毘賣の命、奇しと思ほして、出で見て見感でて、目合まぐはひして、その父に、白して曰はく、「吾が門に麗しき人あり」とまをしたまひき。
ここに詔りたまはく、「吾、汝に目合まぐはひせむと思ふはいかに」とのりたまへば答へ白さく、「はえ白さじ。僕が父大山津見の神ぞ白さむ」とまをしたまひき。
大国主神、母神の命に従い、根国なる須佐能男命の許に至りし時、その女須勢理比売出で見て、目合マグアイして、還り入りて、其父に甚麗わしき神来りぬと云う。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
爾に豊玉毘売命あやしと思して、出で見て乃ち見感でて目合マグワイして、其父に、吾門に麗わしき人いますと申し給いき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
故詔命カレミコトのまにまに須佐能男命の御所にマイたりしかば、其女須勢理毘売スセリヒメ出で見て、目合マグワイして相婚ミアイまして、還り入りて、其ミチチ甚麗イトウルわしき神まい来つと申給いき。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)