“百人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひやくにん25.0%
ももたり25.0%
もゝたり25.0%
モモソ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“百人”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あのくるまつて、百人ひやくにんばかりの天人てんにんりまかれて
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
むなしけれ百人ももたり千人ちたりたたへてもわがよしとおもふ日のあらざれば
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
百人ももたりのわれにそしりの火はふるもひとりの人の涙にぞ
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
うつくしき青葉の岡の殿づくり饑ゑし百人もゝたりつちはこぶらし
夢の国 (新字旧仮名) / 片山広子(著)
私は時々百人モモソ御物参オモノマイリといって百名近くの男子が観音堂などに参詣するのを見たことがあった。
私の子供時分 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)