“番衛役”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばんえいやく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“番衛役”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——しかるに呂宋兵衛、桑名のご陣へまいって、いろいろと差出さしでがましいことを申しあげたため、かえって秀吉公のおいかりをうけて、そくざに、ご陣屋を追いはらわれ、南蛮寺なんばんじ番衛役ばんえいやくしあげられ、この後は
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)