“留魂録”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りゅうこんろく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“留魂録”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
兎も角もこうして松陰先生大の崇拝で、留魂録りゅうこんろく暗誦あんしょうしていた程だったが、しかし此松陰崇拝が、不思議な事には、ちっとも雪江さんを想う邪魔にならなかったから、其時分私の眼中は天下唯松陰先生と雪江さんと有るのみだった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)