“畑道”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はたみち66.7%
はたけみち33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“畑道”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
戸締りをして戸外へ出ると、二人は云いあわしたように胸をひろげて息をしながら、青麦のそろった畑道はたみちを歩いた。
魚の序文 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
畑道はたみちやうねり道
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
田のなかで草をとっていたお百姓ひゃくしょうたちは、馬方うまかたのかげも見えないのに、たわらをつけた馬だけが、のこのこ、畑道はたけみちをあるいて行くうしろ姿すがたを、みんなふしぎそうに見送っていました。
たにしの出世 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)