“瑶輿”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまのこし50.0%
ようよ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“瑶輿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
世上のならいをもってせば、この人まさに金屋に入り、瑶輿たまのこしに乗るべきなり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さきに伯耆ほうき船上山せんじょうせんを立たれた帝の瑶輿ようよ(こし)は日をかさねて、二十七日、播磨はりま書写山しょしゃさんまで御着ごちゃく