“瑶珞”のいろいろな読み方と例文
旧字:瑤珞
読み方(ふりがな)割合
ようらく75.0%
えうらく25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“瑶珞”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
車輪の廻転するまゝに揺られ揺られる瑶珞ようらくのような花束を慕って二人の周囲には間断なく蝶々の群が舞い集い、藪鶯のけたゝましい声が折々私の耳朶を破ります。
金色の死 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
山つつじ、瑶珞ようらくつつじなどもまじっているので、如何いかに紅葉植物が
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
大徳寺より道の警固きびしく、武士どもかためたり、弟美濃守秀長奉行をなせり、棺槨くわんくわくのよそほひ金繍きんしうをかざり、玉の瑶珞えうらくをかがやかせり。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)