“濫叨”の読み方と例文
読み方割合
ラントウ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近者。——曹賊テヨリ閣門濫叨シ、輔佐ノ実ナク、私党結連、朝綱タチマチ敗壊ス。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)