“泥魚”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
でい50.0%
でいぎょ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泥魚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そこらの汀に、泥にくるまれた蓑虫みのむしのようなものが無数に見えましょう。虫でも藻草もぐさでもありません。泥魚でいという魚です。この魚は天然によく処世を心得ていて、旱天ひでりがつづき、河水があがると、あのように頭から尾まで、すべて身を泥にくるんで、幾日でも転がったままでいる。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)