“汪々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうおう75.0%
わう/\25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“汪々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
漪々いいたり瀲々れんれんたり、汪々おうおうたり滔々とうとうたり、きょうたりふつたり、煙波糢糊もこ、水光天に接するばかり
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
汽車はこゝで乗客の大部分を下ろし、汪々おうおうたる十勝川の流れにしばらくは添うて東へ走った。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
汽車はこゝで乘客の大部分を下ろし、汪々わう/\たる十勝川の流れに暫くは添うて東へ走つた。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
暗緑色の石狩川が汪々わう/\と流れて居る。
熊の足跡 (旧字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)