“正之”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まさゆき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“正之”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大老酒井忠勝、老中松平信綱、阿部忠秋、土井利勝等の重臣、将軍家光の御前で評定して、会津侯保科正之まさゆきを征討使たらしめんと議した。
島原の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「だがほかに人がいないわけではあるまい」と安芸が云った、「将軍家補佐として保科ほしな正之まさゆき)侯もおり、川越の侍従(松平信綱)もおられる筈だ」