“業縁”の読み方と例文
読み方割合
ごうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのはからいの業縁が尽きましたときに、そのはからいというものがやみまして、そのときに私は耳鳴りというものから救われた。
生活と一枚の宗教 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
今生の業縁となってむくわれぬというためしはございませぬ……十善の戒行した報いが、今生において天子の位に登ると平家物語から教えられました
大菩薩峠:23 他生の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
しかれども一人にてもころすべき業縁なきによりて害せざるなり。わがこゝろのよくてころさぬにはあらず。
語られざる哲学 (新字新仮名) / 三木清(著)