“ごうえん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
業縁66.7%
業炎16.7%
轟煙16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はからいというものははからいの業縁ごうえんが尽きるまではやまないもので、それがやむとすなわち「あるがまま」が現われる。
生活と一枚の宗教 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
そのはからいの業縁ごうえんが尽きましたときに、そのはからいというものがやみまして、そのときに私は耳鳴りというものから救われた。
生活と一枚の宗教 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
かくまでも刃にからんでトロトロとゆらめき昇る業炎ごうえん……燭台の灯が微かになびくと、大膳亮は、大熱を病む人のごとくにうなされるのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
つなぎ烽火というのは、一里き二里距きに備えてあるのろし筒が、次々と轟煙ごうえんを移して甲府の本城へと、
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)