“棟甍”の読み方と例文
読み方割合
むながわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥の正面、及び右なる廻廊の半ばより厚き壁にて、広き矢狭間狭間を設く。外面は山岳の遠見、秋の雲。壁に出入りの扉あり。鼓の緒の欄干、左の一方、棟甍、並びに樹立を見す。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)