“梅雨前”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つゆまへ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“梅雨前”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
いつか、梅雨前つゆまへのじめ/\した、そして窒息させるやうに気紛きまぐれに照りつけるやうな、日が来てゐた。
哀しき父 (新字旧仮名) / 葛西善蔵(著)
日にくろあけ扇骨木かなめ梅雨前つゆまへと刈りそめにけり朝涼夕涼
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)