“某島”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
それがししま50.0%
ぼうとう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“某島”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先達而せんだつて伊沢話に、津軽屋へ便御座候家、大坂筑前屋と申に御座候由、某島それがししまとやら承候而忘れ申候。只今も其家より便御座候はば、伊沢より被申下候様御頼可被下候。近比御便すくなく、ちと大なる封などはいたしかたなく候。筑前あき長門等之御参勤をまち候へども、儀衛中に知音無之ときは夫も出来不申こまり申候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
(せし一片にして余は地中)海某島ぼうとう
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)