“木戸孝允”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きどこういん50.0%
きどたかよし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
桂小五郎(木戸孝允)も来ているし、こっちもまずいが先方もまずかろうと、なるべく、顔をつき会わさないようにしていたのだった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長州の木戸孝允のごとき人はそれを言って、西郷ありてこそ自分らも薩摩合力し、いささか維新の盛時にも遭遇したものであるのに、と地団駄を踏んだ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)