“最後通牒”の読み方と例文
読み方割合
さいごつうちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上に、いついかなる程度の地震暴風津波洪水が来るか今のところ容易に予知することができない。最後通牒も何もなしに突然襲来するのである。
天災と国防 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)