“書帙”の読み方と例文
読み方割合
しょちつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
縁側のほどから奥の八畳の間に書帙書画帖などがしてある。障子もも明け放してあるので、揚羽が座敷の中に飛込んで来て、やがてまた庭の方へ飛んで行く。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)