“旧疵”の読み方と例文
旧字:舊疵
読み方割合
ふるきず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ不器用長二かというように名高くなりまして、諸方からしく注文がまいりますが、手伝の兼松は足ので悩み、自分も此の頃の寒気のため背中の旧疵
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
長「己のは左様じゃアねえ、子供の時分の旧疵だ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)