“旧游”の読み方と例文
読み方割合
きゅうゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は独り自分の臥榻の上にれて、黄金色の長髪の間にはなはだ高い眉がしらをややめて、旧游の地ビルマ、ビルマの夏の夜を偲んでいたのだ。
鴨の喜劇 (新字新仮名) / 魯迅(著)