“日葵”の読み方と例文
読み方割合
ひまわり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れども日葵に太陽に向う如く、磁針が恒に北を指す如く、川流の恒に海に入る如く、彼の心は恒に家庭に向ってれり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)