“斯界”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しかい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“斯界”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
芸術・美術 > 演劇 > 能楽 狂言5.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
『大日本植物志』の如く、綿密な図を画いたものは、斯界しかいにも少ないから、日本の学界の光を世界に示すものになったと思っている。
アッコルティ先生は、前年度の学会にゴリラ定期鬱狂説を発表して、斯界しかいに大センセーションをまき起した。
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)