“撫院”の読み方と例文
読み方割合
ぶゐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文化丙寅五月十九日、長崎撫院和泉守曲淵公に従て東都を発す。巳時板橋に到て公小休す。家大人ここに来て謁見せり。余小茶店にあり。頼子善送て此に到る。午後駅を出て小豆沢村にいたる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)