“撫諭”の読み方と例文
読み方割合
ぶゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間もなく張士誠は、江浙左丞相達織帖睦邇のを通じて、降服したいといってきたので、達丞相は参政周伯埼などを平江へやって、これを撫諭さし、を以って士誠を大尉にした。
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)