“撥墨”の読み方と例文
読み方割合
はつぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嵐を孕み霹靂を載せた真黒な撥墨の雲が蓬勃として自ら止まるにも止まれないといった勢で、噴泉の如く下から湧き上っては横に崩れる。
奥秩父の山旅日記 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)