“摩須”の読み方と例文
読み方割合
ます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次に室毘古の王は、若狹の耳の別が祖なり。その美知能宇志の王、丹波の河上の摩須郎女に娶ひて、生みませる子、比婆須比賣の命、次に眞砥野比賣の命、次に比賣の命、次に朝廷別の王四柱。