“摩文仁”の読み方と例文
読み方割合
まぶに100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう一つこの仕事があると思ふと一層身体るいやうに思はれて、机にもたれて風の吹き廻る庭を見て居た。古尾谷さんが見えた摩文仁さんも来た。
六日間:(日記) (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)