“摩啅羅”の読み方と例文
読み方割合
またら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
話変って『付法蔵因縁伝』にいわく、月氏国智臣摩啅羅その王罽昵吒に、大王臣の教え通りせば四海を統一すべき間、何卒言を密にして臣の謀を洩らさぬようと願い、王承諾した。