“摩喉羅伽”の読み方と例文
読み方割合
まごらが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの法華経の観世音菩薩普門品のなかに「応以童男童女身。得度者。即現童男童女身。而為説法。応以天竜。夜叉。乾闥婆。阿修羅。迦楼羅緊那羅摩喉羅伽。人非人等身。得度者。即皆現之。而為説法」
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)