“摘毛”の読み方と例文
読み方割合
つみげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持せしは藤井左京なり少しれて白黒摘毛の鎗を眞先押立麻上下にて馬上なるは赤川大膳にて今日の御供頭たり右の同勢堂々として渡邊橋の旅館を立出に/\と制しをなし御城代の屋敷
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)