“摂待”の読み方と例文
読み方割合
せったい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
てんぷら蕎麦にした処で、びん長鮪魚軒ごときで一銚子といった処で、京から降って来た別嬪摂待らしくはありません。
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)