“揺消”の読み方と例文
読み方割合
ゆりけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予も何となく後顧き心地して、人もや見んとみつつ今一息と踏張る機会に、提灯の火を揺消したり。黒白も分かぬ闇夜となりぬ。予は茫然として自失したりき。時に遠く一点の火光を認めつ。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)