“揚陸”の読み方と例文
読み方割合
ようりく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金銀、鉄砂、織物、、紙など、ここで揚陸された量はおびただしい額にのぼろう。時には浅黄いろの同じ小旗をに立てた奥州船ばかりで、滑川の河口をうずめているような盛観も見られた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)